富山の語学・海外留学、アメリカ留学なら【富山留学アカデミー】

会社案内

大学留学

世界中に様々な大学がありますが、日本の大学とは違い基準を満たすことさえできれば誰でも入学はできます。しかし、卒業するのは本当に大変です。私が卒業したUniversity of California, Irvineの卒業率は実際6割。つまり4割は卒業できないのです。しっかりとした語学力はもちろん、強い目的意識が必要となります。また経済力も大切です。アメリカの一流大学なら4年間通えば、日本では医学部に行くほどのお金がかかります。道半ば、日本に帰ってくることのないようにしっかり計画をたてましょう!お金をかけずに4年制大学を卒業する手も実はあるんです!!あなたの夢の実現を一緒にお手伝いさせてください!

大学留学の方法

大学に始めから入学する
アメリカやカナダは1年生から入学して4年で卒業します。1,2年で一般教養、3,4年で専門を勉強します。入学の際には高校の成績証明書やTOEFLの結果などを提出して認められれば入学できます。大学によってはエッセイやSATが必要だったりするところもあります。イギリス、オーストラリア、ニュージーランドはファウンデーションコースというところで1年勉強してから3年で大学を卒業します。

大学に編入して卒業する
日本の大学や短大の単位を認めてもらい編入して卒業するということもできますし、比較的に入学基準が楽で学費が安い2年制のコミュニティカレッジに入って4年制に編入し卒業するということもできます。こちらも入学するときは成績証明書とTOEFLのスコアが必要です。

公開講座
エクステンションと言われる、興味のある分野の勉強ができる講座。3か月などの短期間で不動産ビジネス、金融、ビジネスのためのデータサイエンス、ホスピタリティ、英語教師講座、ホテルマネージメント、観光等、仕事に使える実用的なことを学べる講座なので社会人に大人気。

大学留学に関するよくある質問

留学に必要な語学力、学力は?
2年制の場合iBT45~79点、高校の成績はGPA2以上。4年制の場合iBT61~100点、高校の成績はGPA2以上。ただ一流大学になればGPA基準は上がります。留学をしたいと思ったら、アメリカならTOEFL、イギリスならIELTSを受けておきましょう。ただし!!英語力が足りない場合でも、成績が足りない場合でも基準の緩い2年制の大学に行き、英語力を養い4年制に編入するという手もあるのです!!

※GPA(Grade Point Average)とは、各科目の成績から特定の方式によって
算出された学生の成績評価値のこと、あるいはその成績評価方式のことをいう。

費用はどのくらいかかるの?
これは大学が公立か私立なのか?都市部に住むのか、田舎に住むのか?2年制のあと編入するのか?4年間大学に行くのか?など様々な理由で、全く変わってきます。ただ、どの大学も入学の条件として財政証明書というものを必ず提出しないといけません。つまり、学費、生活費などを支払う能力がある人だけ入学が認められるのです。その金額は大学なら250万円~300万円。短大なら200万円で大丈夫だと思います。

富山留学アカデミーのサポート体制

①大学情報提供
②国、都市と大学選び
③学部、学科の相談
④入学基準、英語力の判断
⑤ホームステイ先や寮の手配
⑥入学手続き
⑦学生ビザ申請
⑧空港からの送迎手配
⑨英語力をつけるためのアドバイス、協力
⑩資金計画、留学の計画づくり
⑪出発前のオリエンテーション
困ったときにはskypeでのサポート。いつでもご連絡ください。

※提携していない大学の場合、手数料を頂くことになります。サポート料金 初年度108,000円 次年度から54,000円)